Welcome to my homepage

スマホキャッシングと銀行口座の開設で最速の融資を実現する

スマートフォンを使ってお金を借りる事が出来るという意味を持つ"スマホキャッシング"という言葉を、インターネットで見かける事があります。 これは、スマートフォン専用のキャッシングサービスがあるという意味ではありません。 大手消費者金融ではインターネットだけで契約が完了し、借入の申し込みも行える様になっており、これをスマートフォンで行う事がインターネット上でスマホキャッシングと呼ばれているのです。 スマートフォンはほとんどのウェブサイトを閲覧する事が出来ます。 また、キャッシングの審査結果の通知を電話機能で受ける事も出来ますし、消費者金融によっては本人確認のための証明書類を、スマートフォンから画像データの送信で提出することが出来ます。 消費者金融との契約の全てがスマートフォン一台で完了し、借入の申し込みも消費者金融のウェブサイトで行う事が出来るのです。 さて、上記の通りスマートフォンでキャッシングやカードローンの契約及び申し込みは可能なのですが、スマートフォンを使って借入を行ったお金はATMなどで受け取らなければなりません。 通常、カードローンで借入を行うと、借り入れた金額が指定された銀行口座に振り込まれます。 ただ、振り込まれるまでの時間は、消費者金融と銀行との関係により変わります。 プロミスなら三井住友銀行とジャパン銀行、アコムなら楽天が最速でお金を振り込める銀行として設定されています。 カードローンやキャッシングは、利用したい業者が最速の振込を行っている銀行口座を持っておく事が便利な利用に繋がるのです。 とくにスマホキャッシングと最速振込を併用すれば、場所を選ばずスピーディーに融資を受ける事が出来ます。

銀行ではなく金融会社からお金を借りるメリットはあるか

    金融会社というと金融機関全般を指す言葉のように感じる人もいるかもしれませんが、実際には消費者金融や信販会社など貸金業を専門に行う会社を指す言葉です。 金融機関でも銀行のように貸金業務以外に預金業務などを行うところは含みません。 法律的な面でも銀行とは異なります。 銀行は銀行法という法律のもとで運営されていますが、金融会社は貸金業法という法律のもとに運営されています。 この違いを利用者がお金を借り入れる際に一番実感するのが総量規制の問題です。 総量規制では個人が貸金業者から借入れることのできる金額を前年度の年収の3分の1までに制限しています。 ですから、仮に年収が300万円の人の場合は最高でも100万円までしか借りることができません。 しかし、銀行法には総量規制というものがないので上限というものはありません。 しかも、金利面でも銀行のほうが一般的に有利です。 同じ金額を借りた時でも銀行のほうが数%金利が低いということも良くあります。 これは銀行が預金業務を行っているからで、消費者金融の場合には利用者に貸し出すお金を銀行から借りることになりますが、銀行は預金のお金を融資に回すので調達コストがかからないからです。 このように、銀行の融資は低金利で総量規制の適用も受けないなどメリットが多いように感じますが、実際にはそう簡単な話ではありません。 というのも、銀行の融資は条件が良い代わりに審査が厳しいからです。 いくら条件が良くても審査で落とされてしまってお金を借りられないのでは意味がありません。 その点、金融会社の融資審査は基準が甘めで多くの人が利用しやすいサービスとなっています。 また、融資までのスピードが早かったり、借り入れや辺才能方法が豊富など、使い勝手の面では銀行を上回る点も数多くあります。


▲pagetop